2006年6月20日 (火)

世代交代

ブラウン監督 コイ若返らせる

札幌から広島への移動日となった19日、広島のマーティー・ブラウン監督(43)は今後も、末永真史外野手(25)、井生崇光外野手(25)、森笠繁外野手(29)、松本高明内野手(22)の若手4人衆の積極起用を明言した。交流戦明けにも合流する緒方孝市外野手(37)にもレギュラーを確約しないサバイバル。若返りを図るカープが、レギュラーシーズン反攻へ打って出る。
(以下、詳しくはデイリースポーツ記事にて)

デイリースポーツより一部抜粋

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
だそうです。
緒方にもついにそういう時期がきましたか。
緒方が1軍デビューした頃を思うと。。。
若手(森笠も?)にも頑張って欲しいし複雑な気持ちです。

ところで上記に嶋の名前がないのが気になりますが。
もちろんレギュラー確約でないですよね?ブラウン監督。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

あそこの練習はしんどすぎるから

こんな記事があったので。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今月2日、カージナルスに昇格した元広島のペレスが、8回に代打で適時二塁打を放ち今季初打点。内角への変化球を右翼線に運び「積極的にいったら、(前より)スイングが速くなった」。

 前日まで9打数1安打。「久しぶりの安打だからうれしいよ」と流ちょうな日本語で話した。日本球界復帰の可能性については「広島に戻るならコーチで。あそこの練習はしんど過ぎるから」。
スポニチより抜粋)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今の広島はしんどくないって誰か伝えてくれ。
というか、日本の若者ならともかく、体力のありそうなドミニカ人(偏見?)まで
きついって言われるって、相当、ひどかったんだな。

ペレス選手について

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

緒方復活ではなく

山田1軍登録だそうです(スポニチ大阪)。

うーん。。。
では緒方復活の際は、井生抹消でしょうか。

あと、
ベイル今週中にも復帰か、だそうです(ニッカンスポーツ広島)。
廣瀬・緒方とも6月下旬には復帰出来そうだそうで、
再び外野争いが激しくなりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 6日 (火)

大竹初勝利・栗原10号

ようやくの大竹初勝利です。
同点に追いつかれた後の無死満塁をよく押さえましたね。
リリーフ陣は、昨年と違って同じ過ちは繰り返さないようで、
心強いです。

打線のほうは14安打で4点と相変わらず効率悪いですが、
梵・松本がそれぞれ猛打賞と、今後に期待持てる面もあります。

前回のオリックス戦も、初戦でデイビーに勝った後、連敗ですから
今回は二の舞は避けたいとこです。

広島 0 1 0 0 1 0 2 0 0       4
オリックス 0 0 0 1 1 0 0 0 0       2

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年6月 5日 (月)

若鯉投手

ファームで次々、今年の高卒ルーキーが投げ始めてますね。

社会人相手ですが、今井、斎藤、相澤それぞれ登板。
前からウエスタンで投げている今井は、打たれましたがMAX145キロと将来が楽しみです。
来年あたり、この中の誰かが1軍で投げてくれれば。

ほか2年目の金城も久々登板。
同じく2年目期待の丸木は、山口きららというチーム(山本譲二球団)に4点も取られてました。。。

個人的には、ルーキーの梅原はフェリと入れ替えで1軍に上げてもいいんではと。
あと、2年目の森・梅津もそろそろ上げていいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山田真介を獲得

広島の木村拓也外野手(34)と巨人の山田真介外野手(26)との交換トレードが成立し、5日、両球団から発表された。

困ったもんです。
せっかくのカープの「資産」を、よりにもよって山田クラスの外野手と交換するとは。
まあ、巨人には滅法弱いあのオーナーですから、ノーとは言えなかったんでしょう。

キムタクトレード自体は正直、確実だと思ってましたが、
釣り合う投手を探していると思ってただけに、
梅雨時、疲れが出てきたカープ投手陣にはガッカリのニュースですね。

山田選手自体は、足もあるし悪い選手ではないと思うので期待したいですが。

<参考>山田真介選手プロフィール

年度チーム打率試合数打数得点安打本塁打打点三振四球死球犠打犠飛盗塁
2003年 巨人 .257 26 35 8 9 1 4 4 2 0 1 0 1
2004年 巨人 .000 3 6 1 0 0 0 4 0 1 0 0 0
2005年 巨人 .000 1 3 0 0 0 0 2 0 0 0 0 0

生年月日 1979年6月15日 身長/体重 178cm/70kg
満年齢 27歳 血液型 O型
出身地 大阪 投打 右右
プロ通算年 9年 ドラフト年(順位) 1997年(3位)
経歴 上宮高(甲)

| | コメント (0) | トラックバック (6)

2006年5月30日 (火)

涌井に負け

まだ2年目。佐藤の現状と比べると遠い目をしちゃいますね。
まあ先は長いので、この先いつ逆転するかわからないけど。
(最近ファームでも滅多打ちですが・・・)

というわけで、最近は超がつくほど忙しいため、
帰宅後に結果を見る毎日。

昨日の楽天戦は、16安打対4安打で12回突入という恐ろしい試合。
投手陣のお陰勝利です。

で本日は仕方ないかの部類に入る負けかと。
見てないので推測なんですが・・・。


明日明後日は勝ちたいですね。
というか勝ってくれ。

しかしロッテ強いなぁ・・・カープ、乗せたなぁ・・・。

広島 1 0 1 0 0 0 0 0 0       2
西武 0 3 0 0 0 0 0 0 X       3

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月29日 (月)

中止

明日から7連戦ですが、もう考えても無駄なので、
とにかく勝てるだけ勝ってほしいです・・・。

ちなみに巨人、一気に落ちてますね。
まるで数年前のカープを見てるみたいです。
恐るべき開幕ダッシュ後、故障者続出、好調だった若手も疲れなどから
調子を崩して一気に転落。
何度もあった光景です。

数週間前にはカープの下にいたヤクルトが首位3,5ゲーム差ですからね。
あきらめないことが肝心です。

育成とかなんとかいっても勝負事です。

勝ってなんぼ。勝つのが一番快感なはず。
選手だけでも優勝をあきらめないで頑張ってほしいもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月28日 (日)

カープ、衝撃へあと一歩

今日も負けたようで・・・。楽天に。

試合を見ていないのでなんともいえませんが、
結果を見る限り、無策としか思えません。

2回1死満塁で併殺。8回無死2・3塁で0点。
毎日がデジャヴの繰り返しです。


ブラウン監督のコメントによると、
「技術やフィジカルではなく、メンタルの問題。どの球を打つべきか、見送るべきか。打席でのプランができていない」そうで。

原因をメンタルに置いたのはいいと思いますが、
後半部分がひっかかってまして、
打席でのプランを打者の責任のみにするのはどうかと。


カープにはいい選手が揃ってますが、いかんせんここ数年の低迷で
勝ち方を体で覚えてません。
そんな選手に、プロだからといって勝ち方を自主的に覚えろ!というのは無理な話で、
監督・コーチ・スコアラー一体となったしっかりした指導が必要かと。

はっきしいって今季の打線の低迷は、
監督・打撃コーチの責任もかなりあるんじゃないかと思うんですよね。
少しずつバッシングも始まってますが、
小早川コーチしかり・・。


ただチャンスに、打て打て、ケースバッティング、リラックスリラックスと唱えるだけで打てれば簡単なもんです。
メンタルと技術は相関関係にあって、それらを引き出すのが指導者の役割。
内情はわかりませんが、

どーなんでしょうねぇ・・・。

いっそのこと、「ケースバッティングなんか捨てちまえ!
チャンスにこそ振り回せ!振り倒せ!」とか言ってみたら
どうですかね。
どうですかね、ってこともないですが、
さすがに選手も「それはやばいだろ」と思って、
それこそ自主的に考えだすかもしれませんよ。
・・・。

というわけで、

明日負けたらしばらく野球ニュースは見れないので
よろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006年5月26日 (金)

今年のドラフト

広島は25日、前日に続き球団事務所で今秋ドラフトに向けたスカウト会議を開き、PL学園の前田健太投手(18)を高校生ドラフトの1巡目指名候補に挙げた。

そうで。
スター性が魅力とのことで、今までの理由付けとちょっと違いますね。
まあこの時期なのでね。
Mオーナーのご意見もありますし・・・。

希望枠は未定で、木村(東京ガス)の名も挙がってますが、
こちらはほぼ無理どうなるんでしょうね。

個人的には高校生は1人2人でいいんで、
あとは大学・社会人から取ってほしいんですがね。
ほか育成選手も多めにして。


<参考>
ドラフト図鑑
ドラフトコラム

Osaka_final

| | コメント (2) | トラックバック (1)

その他のカテゴリー

スポーツ | 野球